Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今週でサポート終了の「Windows Vista」 - 数十万台規模が国内で稼働か

同OSの稼働状況に関して、トレンドマイクロが同社のセキュリティ製品を利用しているコンシューマーを対象に調査を実施しており、3月の時点で約2.8%にあたる14万1067台で稼働していたという。

稼働台数に関しては、情報提供を許可していない場合や法人製品の利用者、トレンドマイクロ以外のセキュリティ製品利用者に関する情報は含まれておらず、さらに多くの端末で「Windows Vista」が稼働していると見られる。

また同日には、「Microsoft Exchange Server 2007」などのサポート終了が予定されており、あわせて注意が必要だ。同日にサポート終了を迎える製品は以下のとおり。

2017年4月11日にサポート終了

Microsoft BizTalk Adapters for Host Systems
Microsoft BizTalk FileAct and InterAct Adapters for SWIFT
Microsoft Dynamics NAV 5.0
Microsoft Exchange Server 2007
Microsoft Expression Web
Microsoft Host Integration Server 2006
Microsoft Office Communicator Phone Edition
Microsoft Office InterConnect 2007
Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals
Windows Vista

(Security NEXT - 2017/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み