Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気事業者向け個人情報保護ガイドライン - パブコメ結果公表

総務省は、「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」とその解説の改正案に対する意見募集の結果を公表した。あわせて23件の意見が寄せられたという。

同ガイドラインは、通信の秘密や個人情報の適正な取り扱いについて、電気通信事業者が遵守すべき義務を定めたもの。同ガイドラインの解説とあわせて、改正が必要となる項目を検討し、1月19日にパブリックコメント案を公開。2月17日まで意見を募集していた。

意見募集に対し、個人9件、法人4件からのべ23件の意見が寄せられた。同省ではこれらの意見を踏まえて一部を修正。告示までに技術的部分について修正が行われる場合があるとして、現時点での改正案を公開した。今後はガイドラインの改正について官報で告示を行う予定。

(Security NEXT - 2017/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経産省、工場向けのセキュリティガイドラインを策定
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
下請へのセキュ要請、問題なし - ただし優越的地位の濫用となるケースも
2022年3Qの脆弱性届け出、ソフトとサイトのいずれも増加
「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver3.0」の意見募集が開始に
空調システムに特化したセキュリティ対策GLを公開 - 経産省
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
2022年2Qの脆弱性届け出は163件 - ウェブ関連が減少
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら