Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社

次いで多かった「スマートフォン、携帯電話、タブレットの紛失、盗難(22.7%)」や「モバイルPCの紛失、盗難(21.0%)」なども2割以上の企業がインシデントを認知。いずれも前年度から5ポイント前後上昇している。

個人情報漏洩や紛失を見ると、人為的ミスが原因であるインシデントが16.2%。内部不正によるものが8.3%だった。「ウェブサイトに対する不正アクセス」は8.7%、「ウェブサイトの改ざん」は3.5%が認知している。

標的型攻撃に関連したインシデントの認知率は、前回調査から2.9ポイント増となる12.4%。なりすましメールの受信は10.7%で、いずれも2015年度以降、増加傾向が続いている。

(Security NEXT - 2017/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
DX担当者の3割が過去にインシデントを経験 - トレンド調査
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査