Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社

次いで多かった「スマートフォン、携帯電話、タブレットの紛失、盗難(22.7%)」や「モバイルPCの紛失、盗難(21.0%)」なども2割以上の企業がインシデントを認知。いずれも前年度から5ポイント前後上昇している。

個人情報漏洩や紛失を見ると、人為的ミスが原因であるインシデントが16.2%。内部不正によるものが8.3%だった。「ウェブサイトに対する不正アクセス」は8.7%、「ウェブサイトの改ざん」は3.5%が認知している。

標的型攻撃に関連したインシデントの認知率は、前回調査から2.9ポイント増となる12.4%。なりすましメールの受信は10.7%で、いずれも2015年度以降、増加傾向が続いている。

(Security NEXT - 2017/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
初期侵入から平均62分で横展開を開始 - わずか2分のケースも
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
経営者が想定すべきインシデント発生時のダメージ - JNSA調査
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
3Qのインシデント、前期四半期比25%減 - 「サイト改ざん」が大幅減少
よく見られるセキュリティ構成ミスは? - 米当局がランキング
2Qのインシデント件数、前四半期比6%減 - 「スキャン」半減