Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向け投票プラグインにXSSの脆弱性 - アップデートで修正

WordPress向けに投票機能を提供するプラグイン「YOP Poll」に脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートで修正されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同プラグインに「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2017-2127」が判明したもの。同プラグインを利用するサイトへアクセスしたブラウザ上で任意のスクリプトが実行されるおそれがある。

エスアイイーの上嶋翔氏、本田崇氏、小川剛氏、梅原未那穂氏が情報処理推進機構(IPA)へ脆弱性を報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。開発者は「同5.8.1」で脆弱性を修正。現在は最新版となる「同5.8.2」がリリースされている。

(Security NEXT - 2017/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も