Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市営住宅の家賃領収済み通知書を誤廃棄 - 下関市

山口県下関市は、市営住宅入居者の個人情報や口座番号が記載された書類を、誤って廃棄していたことを明らかにした。

同市によれば、市営住宅の家賃が領収済みであることを通知する「市営住宅家賃等領収済通知書」の控え1808件を誤って廃棄したもの。3月10日12時ごろ判明した。

誤廃棄した書類には、入居者の氏名や住所、家賃額のほか、口座振替の場合は口座番号も記載されていた。処分場ですでに焼却されている可能性が高いという。個人情報の外部流出は、確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2017/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
廃棄物運搬事業者への事務連絡メールで誤送信 - 横須賀市
保守委託先で顧客情報含むHDDが所在不明 - はばたき信組
ジョギング大会の参加者名簿が所在不明に - 綾川町
指導要録の紛失判明、過去に緊急点検するも見落とし - 杉並区