Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Horizon DaaS」に脆弱性 - アップデートで修正

VMwareは、同社の仮想デスクトップソリューション「Horizon DaaS」に脆弱性が明らかとなったとして、アップデートをリリースした。

同ソリューションの仮想デスクトップサービスを利用するクライアントにおいて、データの検証処理に脆弱性「CVE-2017-4897」が存在することが明らかとなったもの。

DaaSクライアントが悪意あるリンクより、細工されたRDPファイルをダウンロードすると、攻撃者の用意した悪意あるサーバへ接続され、ドライブやデバイスなどを共有されるおそれがあるという。

脆弱性は、「同6.1」に存在し、重要度は4段階中、上から3番目にあたる「中(Moderate)」。同社は同脆弱性の解決策として「同7.0.0」へのアップデートをアナウンスしている。

(Security NEXT - 2017/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
「WordPress」に2件の脆弱性 - 「同4.7」以降にアップデートを提供
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導