Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアメールの着信国、日本が2番目

マルウェアが添付されたメールの配信先は、国別で見るとドイツがもっとも多く、日本が2番目に多かったとする調査結果をKaspersky Labが取りまとめた。

20170307_kl_001.jpg
マルウェアメールの受信割合(グラフ:Kaspersky Lab)

同社が、製品利用者より収集した情報をもとにスパムメールの動向について取りまとめたもの。2016年は、スパムが全メールの58.3%を占め、2015年から約3ポイント増となった。送信元としては、「米国」が12.1%で最多だが、「ベトナム(10.3%)」「インド(10.2%)」とアジア勢が上位に入っている。

マルウェアが添付されたメールの送信先について国別の割合を見ると、14.1%だった「ドイツ」が前年同様最多だった。前年から5.8ポイント増と急伸し、7.5%へ上昇した日本が2番目に多い。さらに「中国(7.3%)」「ロシア(5.6%)」「イタリア(5.4%)」が続いている。

2016年においてマルウェアが添付されていたメールで最も多かったのは、ランサムウェアをダウンロードさせるダウンローダー型トロイの木馬で、「Locky」をはじめ、「Petya」「Cryakl」「Shade」などのランサムウェアの拡散に利用されたという。

(Security NEXT - 2017/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害