Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアと戦う高専生を資金や技術面で支援 - ラック

若年層のエンジニアを対象とした育成支援プログラム「すごうで」を展開するラックは、2017年度の支援対象者として千葉県在住の高専生を選出した。

同社では、2016年10月から2017年1月にかけて同プログラムへの参加者を募集。4件の応募があり、ランサムウェアによる被害に遭ったパソコンから、知識がなくてもデータを復元できるソフトウェアの開発を目指す企画を提案した木更津工専4年生の小高拓海さんを選出した。

小高さんは、実際にランサムウェアの被害に遭うも、バックアップからスムーズに復旧できた経験を持ち、知識がなくてもランサムウェアの被害から復旧できるよう、自動的にバックアップできる環境を実現するソフトウェアの開発を目指しているという。

同社では活動費用として100万円を上限に支援するほか、マルウェアに関する技術的な助言や試作ソフトウェアの検証などへ協力するとしている。

(Security NEXT - 2017/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円