Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSSアーカイバライブラリで作製した自己解凍ファイルに脆弱性 - 修正版で再作成を

オープンソースで提供されているアーカイバライブラリ「7-ZIP32.DLL」で作製された自己解凍ファイルに、脆弱性が存在することがわかった。

「同9.22.00.01」および以前のバージョンにおいて、脆弱な自己解凍ファイルを作成してしまう脆弱性「CVE-2017-2107」が判明したもの。

作製された自己解凍ファイルでは検索パスの指定に問題があり、解凍する際に任意のライブラリファイルを読み込み、コードを実行される可能性がある。

同脆弱性は、橘総合研究所の英利雅美氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整。

開発者は脆弱性を修正した「同9.22.00.02」をリリース。セキュリティ機関とともに、以前のバージョンでファイルを作成している場合は、作製し直すようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2017/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正