Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なぜ? 念入りにセキュリティソフトを暗号化対象からはずすランサムウェア

ランサムウェア「Cerber」のあらたな亜種が確認された。暗号化の対象から念入りにセキュリティ対策ソフトウェアを除外する機能を備えていたという。

問題の「Cerber」は、日本国内においてウェブ経由で感染するランサムウェアのうち、9割を占めている。トレンドマイクロによれば、同ランサムウェアは、データベースの暗号化や音声による脅迫など、機能追加がめざましいが、今回確認された亜種には、セキュリティ対策ソフトウェアを検出し、暗号化対象からはずす機能を備えていたという。

ランサムウェアは、感染後に端末上で脅迫内容を表示し、金銭を要求する必要があることから、動作に影響しないようOSや実行ファイルなどは暗号化せず、特定の拡張子を持ったファイルのみを暗号化するのが一般的で、セキュリティ対策ソフトも従来より暗号化の対象とされていない。

しかし、同社があらたに確認した亜種では、「Windows Management Instrumentation」の機能を利用してセキュリティ対策ソフトウェアを検出。あえてマルウェア対策やファイアウォールなどを暗号化しないようホワイトリストへ追加する機能を備えていた。攻撃者が念入りにセキュリティ対策ソフトの暗号化を避ける意図は不明だという。

(Security NEXT - 2017/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正