Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の国内IoT市場規模は5兆円超 - 2021年には倍以上に

IDC Japanは、国内IoT市場における市場規模予測を取りまとめた。2021年までの年間平均成長率を17%と予想しており、市場規模は11兆円超に達する見込みだという。

20170221_ij_001.jpg
国内IoT市場の予測支出額(グラフ:IDC Japan)

同社によると、2016年の国内IoT市場におけるユーザー支出の見込み額は5兆270億円。

2021年までの年間平均成長率を17%とし、2021年には11兆237億円に達すると予測している。

IoTの用途別では、農場監視、小売店での個別リコメンデーション、医療、スマートグリッド、テレマティクス保険、ホームオートメーション、スマート家電などで、25%と高い年間平均成長率になると同社では見ている。

2020年に開催される東京オリンピック、パラリンピックに向けた好況感や、IoT技術やコストなどの改善、法規制や支援策の変化など背景に高成長を予想している。

(Security NEXT - 2017/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内で「Mirai」とは異なるボットネットの動きが加速
新「NOTICE」がスタート、脆弱性ある機器も注意喚起対象に
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに
「メタバースセキュリティガイドライン」の第2版が公開
11月15日より「EdgeTech+ 2023」を開催 - セキュリティ関連の出展も
狭き門を突破した講演並ぶ「CODE BLUE」が開催中
IoTセキュリティの規制動向など共同研究 - PwCと情セ大
スマート工場のセキュリティ対策事例 - IPAが調査報告書
「情報セキュリティ白書2023」を7月25日に発売 - PDF版も公開予定