Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の国内IoT市場規模は5兆円超 - 2021年には倍以上に

IDC Japanは、国内IoT市場における市場規模予測を取りまとめた。2021年までの年間平均成長率を17%と予想しており、市場規模は11兆円超に達する見込みだという。

20170221_ij_001.jpg
国内IoT市場の予測支出額(グラフ:IDC Japan)

同社によると、2016年の国内IoT市場におけるユーザー支出の見込み額は5兆270億円。

2021年までの年間平均成長率を17%とし、2021年には11兆237億円に達すると予測している。

IoTの用途別では、農場監視、小売店での個別リコメンデーション、医療、スマートグリッド、テレマティクス保険、ホームオートメーション、スマート家電などで、25%と高い年間平均成長率になると同社では見ている。

2020年に開催される東京オリンピック、パラリンピックに向けた好況感や、IoT技術やコストなどの改善、法規制や支援策の変化など背景に高成長を予想している。

(Security NEXT - 2017/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020」でパブコメ実施 - 新コロ環境での対策も
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測