Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険証情報19万人分を含むフロッピーやCDが所在不明 - 協会けんぽ

全国健康保険協会において、最大19万人分の健康保険証情報が所在不明になっていることがわかった。

同協会広島支部において、医療機関を受診した最大19万人分の健康保険証情報を含むフロッピーとCDあわせて535件が所在不明になっていることが、2016年12月末に判明したもの。廃棄するために同支部の倉庫で保管していたものだという。

所在不明となっているこれらメディアは、診療報酬を審査する社会保険診療報酬支払基金と情報のやり取りを行うためのもので、2012年9月から2015年3月までの最大19万人分に関するデータが記録されている。健康保険証の番号は専用のアプリケーションでしか読み取れないが、氏名については判別可能であるとしている。

同支部では警察に届け出るとともに、関係各所の捜索を行ったが発見できていない。紛失した記録媒体を保管していた倉庫は常時施錠していたが、どの職員でも鍵を容易に使用でき、鍵を貸与した際の記録など取っていないなど、管理に不備があったという。

(Security NEXT - 2017/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
被保険者情報を無関係の自治体へ誤送信 - 北海道国民健康保険団体連合会
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
個人情報含む国民健康保険の申請書を誤送付 - 郡山市
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府