Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安心安全なネット利用に役立つ手記コンクール - 受賞作品を発表

インターネット協会は、「インターネットの安心安全な利用に役立つ手記コンクール2016」の受賞作品を発表した。

同コンクールは、インターネットの安全な利用に役立つ体験談や提案をまとめた手記を利用者から募集、優秀な作品を表彰するイベント。

「インターネット使いこなし部門」「インターネットトラブル克服部門」「親子のルール作り部門」「青少年のインターネット利用部門」の4部門で募集。3回目となる今回は241作品の応募があり、一次審査と二次審査を経て23作品が選出された。

トラブル克服部門では、架空請求画面への対処法がわからず、親や教諭に相談して何とか対処した体験談や、ゲームのキャラクター交換で2度だまされた体験から学んだ教訓について書かれた手記などが受賞した。

(Security NEXT - 2017/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の候補者を公募中 - 総務省
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
若年層セキュコンクールの受賞候補を公開 - 意見を募集
セキュ分野功績者を表彰する「総務大臣奨励賞」が募集開始
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定