Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、茨城県警のサイバーセキュリティ対策に協力

茨城県警の「サイバーセキュリティ対策テクニカルアドバイザー」にラックの谷口隼祐氏が就任した。

同県警では、地域の安全なインターネット利用を促進するため、サイバーセキュリティ対策に関する助言や情報提供のほか、職員や事業者への教育活動といった支援が可能な民間企業の技術者を、アドバイザーとして委嘱している。

委嘱の任期は2年間。同氏が所属するラックでは、委嘱を受けた従業員に限らず、組織としても同県警の取り組みを支援していきたいとしている。

(Security NEXT - 2017/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
「あなたのアカウントが通報された」 - 偽警察のLINEアカウントに注意
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
水防警報でメアド流出、運用方法見直しを検討 - 新潟県
ロック系ファッション通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面に誘導