Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告、3か月連続で増加 - 違和感ない日本語メールに注意

1月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は736件で、前月の約1.6倍へと拡大した。2016年10月に底を打って以降、増加傾向が続いている。

20170202_ap_001.jpg

同協議会によると、1月に寄せられたフィッシングの報告件数は736件。2016年12月の465件を271件上回った。

2016年は、2月に3000件に迫る勢いを見せた一方、10月には128件と37カ月ぶりに200件を下回る低水準を記録。変化が激しい1年となったが、同月を最後に増加へ転じており、年明け後も同様の傾向が続いている。

報告数が増加した背景には、LINEやマイクロソフトなどのブランドをかたるフィッシングの報告が増えたことがあるという。またオンラインゲーム関連のフィッシングに関しても引き続き報告が寄せられている。

フィッシングサイトの誘導先に利用されたURLの件数は、前月を21件上回り220件。一方、悪用されたブランドは前月から4件減少し、23件となった。

フィッシング被害の傾向として、違和感のない日本語で記載されたメールやウェブサイトにより騙されたとの報告が増えているとし、判断に迷った場合は、各サービス事業者または同協議会に問い合わせるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的