Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約3600人分の患者情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県

埼玉県立循環器・呼吸器病センターの医師が、患者の個人情報が保存されたUSBメモリを鞄ごと紛失したことがわかった。

同県によれば、医師が自宅のパソコンでデータを整理するため無許可で持ち出したUSBメモリを、帰宅途中に鞄ごと紛失したもの。

問題のUSBメモリには、医師が同センターで処置した患者約3600人分の氏名、性別、診察券番号、処置年月日、処置の内容、放射線検査画像、担当医師の氏名などが保存されていた。USBメモリにパスワードは設定されていないとしている。

1月25日、講演会の終了後にほかの医師2人と食事をしてから1台のタクシーに同乗し、自宅に向かったが、その途中、鞄の紛失に気付いたという。

同センターでは、対象となる患者と家族に対し、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2017/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大