Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イプサ、不正アクセスの調査結果を公表 - デバッグモードによりカード情報残存

また今回の調査により、あらたな情報漏洩の可能性も判明。当初公表していた顧客によるオンラインショップの登録個人情報42万1313件にくわえ、未登録ながらも150件の情報がサーバ上へ残存し、流出した可能性がある。

さらにクレジットカード情報に関しては、2011年12月14日以降に同サイトでクレジット公開をした当初の5万6121件のほか、9699件に関しても情報漏洩の可能性があることがあらたに明らかになった。

オンラインショップの登録情報には、顧客の氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、職業、メールアドレス、ログインパスワード、購入履歴などが含まれる。

またクレジットカード決裁を利用した顧客については、クレジットカードの会員名、番号、住所、有効期限についても流出した可能性がある。

同社では、今回の問題を受けてeコマースサイトの再構築を進め、クレジットカード情報を同社サイト上で入力を求めない決済システムをあらたに導入する予定。運用体制などの見直しも実施し、6月を目処にサイトを再開したいとしている。

(Security NEXT - 2017/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ