Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ライブラリ「Swift Mailer」に脆弱性 - 修正パッチは未公開

PHP環境向けのメール送信ライブラリ「Swift Mailer」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。フレームワークなどでも採用されており、影響が懸念される。

20161229_sm_001.jpg
Dawid Golunski氏が公開したアドバイザリ(一部)

先に「PHPMailer」の脆弱性を公表したセキュリティ研究者のDawid Golunski氏が、別のメール送信ライブラリである「Swift Mailer」の脆弱性「CVE-2016-10074」について報告したもの。

最新版である「同5.4.5-DEV」および以前のバージョンが影響を受ける。12月28日の時点で脆弱性を修正したアップデートなどは提供されていない。

同ライブラリは、「Yii2」「Laravel」「Symfony」などのPHPフレームワークなどでも採用されている。

今回判明した脆弱性「CVE-2016-10074」は、「PHPMailer」で明らかとなった「CVE-2016-10033」と同様の脆弱性。ウェブアプリケーションのフォームから同ライブラリを利用する場合に影響があり、悪用された場合、リモートよりコードを実行されるおそれがあるという。

(Security NEXT - 2016/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正