Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PHPMailer」に脆弱性、メジャーCMSにも影響 - 修正不完全で再更新の見込み

メール送信機能を提供するPHPライブラリ「PHPMailer」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。当初公開された修正版に問題が見つかり、再度アップデートがリリースされる見込み。

開発チームによれば、「PHPMailer」は「WordPress」「Drupal」「Joomla!」などのコンテンツマネジメントシステム(CMS)をはじめ、「1CRM」「SugarCRM」といった顧客管理システムのほか、フレームワークである「Yii」にも採用されているライブラリ。利用者は900万人にのぼるという。

今回明らかとなった脆弱性「CVE-2016-10033」は、ポーランドのセキュリティ研究者であるDawid Golunski氏が発見、報告した。同氏は、9月にMySQLのゼロデイ脆弱性「CVE-2016-6662」を報告したことでも知られる。

同氏によれば、攻撃を行うことにより、ウェブサーバの権限で任意のコードを実行されるおそれがあるとし、実証コード(PoC)もあわせて公開した。メールフォームやパスワードのリセット機能などで「PHPMailer」を利用している場合、影響を受ける可能性がある。

開発チームでは、脆弱性を修正した「同5.2.18」を12月24日に公開したが、修正が不完全であり、修正部分をパイパスできる脆弱性「CVE-2016-10045」が判明。近く同脆弱性を修正した「同5.2.20」がリリースされる見込み。

同ライブラリを利用するアプリケーションにおいても、今後アップデートで対応すると見られ、開発者からの情報へ注意を払う必要がある。

(Security NEXT - 2016/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
「Adobe Connect」にセッショントークンが漏洩する脆弱性 - アップデートが公開
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
1月3日に「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートがリリース予定