Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NETGEAR製ルータ向けに修正ファームウェア - ベータ版利用者も早期更新を

NETGEARが提供する複数のルータに、コマンドインジェクションの脆弱性が見つかった問題で、同社は脆弱性を修正したファームウェアをリリースした。

問題の脆弱性は、認証を必要とせずにウェブインタフェースよりコマンドが実行可能となる「CVE-2016-6277」。「認証の欠如」や「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」などの脆弱性も含まれる。

脆弱性の判明を受けて、同社では脆弱性を解消したファームウェアの開発を進めていたが、今回全製品のアップデートが利用可能となった。

また同社ではベータ版のファームウェアを先行して公開していたが、コマンドインジェクションの脆弱性が残っている可能性もあるとして、最新のファームウェアを早期に適用するよう強く推奨している。

影響を受けるシステムは以下のとおり。

R6250
R6400
R6700
R6900
R7000
R7100LG
R7300DST
R7900
R8000
D6220
D6400

(Security NEXT - 2016/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性