Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアによる最大の標的国は日本

Kaspersky Labは、2016年にランサムウェアによる攻撃をもっとも多く受けた国が日本だったとする調査結果を取りまとめた。

同社製品の利用者における観測動向を取りまとめたもの。同社製品が2016年にあらたに検知した 暗号化型ランサムウェアファミリーは62種類。亜種は5万4000件以上にのぼった。1月から4月は1000件前後で推移していたが、5月以降に急増し、8月には1万5484件に達したという。

同社製品利用者144万5434人の端末上でランサムウェアが検知された。全利用者に対する割合を見ると、「日本」が4.4%で最多。次いで「イタリア(4.1%)」「クロアチア(3.2%)」が多かった。

もっとも多く観測されたランサムウェアは「CTB-Locker」。ランサムウェアに遭遇した利用者のうち25.3%が同ランサムウェアによるものだった。次いで多かったのがは「Locky」でさらに「TeslaCrypt」と続く。

2016年第1四半期に初めて確認された「Locky」は、第2四半期から増加を見せている。また「CTB-Locker」も拡大を続ける一方、「TeslaCrypt」は第2四半期にプログラムの配布が停止したことにより急速に衰退した。

(Security NEXT - 2016/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を