Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ネットワークセキュリティ協会、「JNSA賞」の受賞者を発表

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、セキュリティ向上に寄与した個人や団体を表彰する「JNSA賞」を発表した。

同賞は、情報セキュリティの推進に貢献したり、同協会の知名度向上や活動に寄与した人物などに贈られるもので、2006年度より実施している。9月より候補者を募集し、12月の最終選考で受賞者を決定した。

個人では、電子署名関連規格の標準化活動にて活躍したセコムの主任研究員である佐藤雅史氏と、イベントの企画などを通じて同協会の認知向上に貢献したとしてベネッセインフォシェルの代表取締役社長である丸山司郎氏が選出された。

ワーキンググループとして、セキュリティ対策の視点から内部不正の重要性について啓発を行っている「組織で働く人間が引き起こす不正・事故対応WG」が選ばれている。

また特別賞をインターネット安全教室など啓発活動を展開する「シニアネット佐賀」が受賞。同じく特別賞を、個人の活動としてインシデント調査などを行い、情報公開を行う「一人CSIRT」を展開するソフトバンク・テクノロジーのシニアセキュリティエバンジェリスト、辻伸弘氏が受賞した。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の候補者を公募中 - 総務省
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
公共機関装うSNS上の偽アカウントに注意 - DMでフィッシングサイトに誘導
小説投稿サイト「カクヨム」に偽サイト - 正規サイトからデータを取得して表示
学生向けCTF「NetWars 2021」、11月に開催 - NRIセキュア
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
マラソン大会参加者への連絡でメアド流出 - 寒河江市