Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe Flash Playerの更新が公開 - 標的型攻撃に用いられているゼロデイ脆弱性を修正

Adobe Systemsは、複数の脆弱性へ対処した「Adobe Flash Player」のアップデートをリリースした。そのうち1件の脆弱性は、ゼロデイ攻撃への悪用が確認されている。

20161214_as_001.jpg
今回のアップデートではゼロデイ脆弱性も修正した

同社は、今回のアップデートを通じて、解放後のメモリへアクセスが行われる「use after free」の脆弱性や「バッファオーバーフロー」「メモリ破壊」など、あわせて17件の脆弱性を修正した。

重要度は、3段階中もっとも高い「クリティカル(critical)」としており、脆弱性を悪用された場合、システムの制御を奪われるおそれがある。

今回修正された脆弱性のうち、「CVE-2016-7892」に関しては、悪用コードがすでに流通しており、32ビット版Windowsで動作する「Internet Explorer」を対象とした限定的な標的型攻撃に用いられたとの報告を受けているという。

(Security NEXT - 2016/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Check Point機器の脆弱性、当初発表よりも影響大 - 国内で多数機器が稼働
今月4件目の「Chromium」ゼロデイ脆弱性を悪用リストに追加 - 米当局
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する6件の修正を実施
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消