Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロボット技術のZMP、顧客情報流出で上場延期

ロボットや自動車の自動運転技術を研究、開発しているZMPは、東証マザーズへの上場手続きを延期した。顧客情報の流出が原因だという。

20161209_zm_001.jpg
上場延期を決めたZMPのウェブサイト

同社では、11月14日、29日の取締役会で東証マザーズへの上場を決めていたが、11月17日に公表したインターネットへの顧客情報流出を受け、12月8日の取締役会で新株式の発行と株式売り出しを中止し、上場手続きの延期を決議した。

上場を承認していた東証も、同社より上場取りやめの申し出を受け、承認を取り消している。

問題となった顧客情報漏洩は、同社ダイレクトメールの送付先として登録されている顧客リストの一部が、複数のウェブサイトへ投稿されたもの。同社では5月にダイレクトメールの送信システムが不正アクセスを受けており、その際にシステムに登録されていた情報が流出した可能性があるが、くわしい原因はわかっていない。

流出した情報はすでに削除されており、あらたな情報流出は確認されていないとしているが、上場手続きの再開には、セキュリティ体制の見直しや従業員教育が必要と説明。これらの対策の整備に時間を要するとして、延期を決議した。

(Security NEXT - 2016/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェビナー案内でメール送信ミス - ヘルスケアシステム開発会社
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
履修案内メールに誤って3年生全員分の成績表 - 宝塚大
個人情報関連の事務処理ミスを公表 - さいたま市
新型コロナ影響で入学式中止、通知メールで送信ミス - 創価大
ガイダンス中止の通知でメール送信ミス - 専修大
企業説明会の中止連絡でメール送信ミス - 兵庫県立大
夕刊フジのイベント中止メールの送信ミス - 産経新聞
同報配信にML利用、設定ミスで情報流出 - 鳥取県
イベントの中止案内メールを誤送信 - 日本財団