Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、重要インフラの分野横断的な演習を実施 - 約2000人が参加

政府は、都内で政府機関や重要インフラの関係者を対象に、障害対策の分野横断的な演習を開催した。約2000人が参加したという。

同演習は、IT障害の発生を想定し、情報共有や連携体制などを確認するため、2006年より毎年実施しているもの。今回で11回目を迎えた。

情報通信、金融、航空、鉄道、エネルギー、行政サービス、医療、水道、科学など13分野の重要インフラ事業者の関係者をはじめ、内閣サイバーセキュリティセンター、各重要インフラの関連省庁など、見学を含め総勢2080名が参加。最新のシナリオをもとに演習を行った。

演習は2部構成で実施。比較的影響が小さい障害を想定した演習では、判断や意志決定、情報共有などの体制について確認。また事業継続へ影響を与えるよう障害についても演習を行い、情報共有体制などの手順などを検証した。

(Security NEXT - 2016/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加
米政府、「Pulse Connect Secure」狙うマルウェアの解析情報
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性