Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBMとパソナ、セキュリティ教育コンテンツの開発で協業

日本IBMとパソナは、サイバーセキュリティ教育コンテンツを開発するため、12月より協業する。

今回の協業により、両社はセキュリティ技能を持つ人材を市場に輩出することを目指し、サイバーセキュリティ教育コンテンツの開発に着手する。

開発にあたっては、パソナが持つ教育や人材育成のノウハウと、IBMが持つサイバーセキュリティに関するノウハウやナレッジを活用。教育コンテンツを活かした研修を実施して、サイバーセキュリティ人材の育成を支援するとしている。

(Security NEXT - 2016/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
メール誤送信でセミナー受講者のメアド流出 - 日本放射線技術学会
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
注文確認メール誤送信で購入者のメアド流出 - ゲーム日本酒コラボ企画
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
法人向け案内メールで、メールアドレスが流出 - すららネット
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
学費振替情報を無関係79校に誤送信 - かながわ信金