Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBMとパソナ、セキュリティ教育コンテンツの開発で協業

日本IBMとパソナは、サイバーセキュリティ教育コンテンツを開発するため、12月より協業する。

今回の協業により、両社はセキュリティ技能を持つ人材を市場に輩出することを目指し、サイバーセキュリティ教育コンテンツの開発に着手する。

開発にあたっては、パソナが持つ教育や人材育成のノウハウと、IBMが持つサイバーセキュリティに関するノウハウやナレッジを活用。教育コンテンツを活かした研修を実施して、サイバーセキュリティ人材の育成を支援するとしている。

(Security NEXT - 2016/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
ドメイン名やDNSを学べる漫画冊子を教育機関に無償配布 - JPRS
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
アルバイトが業務上知り得た個人情報を漏洩 - 河合塾進学研究社
小学校で名簿紛失、家庭訪問で持ち出した際に - 堺市
小学校で個別書類あると気づかず身体測定結果を誤配布 - 名古屋市
保育施設運営事業者へのメールで誤送信、メアド流出 - 大阪市
露APT28のマルウェア「GooseEgg」が見つかる - 2019年4月よりゼロデイ攻撃を展開か
クラウド保存した進路アンケートが生徒からも閲覧可能に - 都立中等学校