Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「発送」「お届け」を装った佐川急便の偽メールに注意 - 問い合わせが増加

佐川急便は、商品の発送や宅配便のお知らせを装ったメールに関する問い合わせが増加しているとして、注意喚起を行った。

同社によれば、同社からの通知を装った「なりすましメール」に関する問い合わせが増加しているという。同社では、これまでも注意喚起を行ってきたが、今回あらたに「佐川急便、商品発送のお知らせ」「宅配便お届けのお知らせ」など、従来とは異なる件名のメールも確認されているとして、あらためて注意を呼びかけた。

なりすましメールに記載されているリンクにアクセスすると、無関係のサイトへ誘導されるおそれがある。同社では、以下のような件名のなりすましメールを確認しているとし、正規のメールか判断できない場合など、不明な点がある場合は、同社の営業所や問い合わせ窓口まで連絡するようアナウンスを行っている。

これまでに確認されているなりすましメールの件名

佐川急便、商品発送のお知らせ
宅配便お届けのお知らせ
佐.川飛脚.メー.ル便
佐川です。
佐川より不在通知「* * * *@ * * *」様
Webサービスご利用のご確認
【不在通知】
佐川便
佐川便 配達センター
佐々川急便【不在通知】
佐川メール配信センター
佐川ROYALメール便
サガワ急便

(Security NEXT - 2016/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性3件に対応
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive