Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「発送」「お届け」を装った佐川急便の偽メールに注意 - 問い合わせが増加

佐川急便は、商品の発送や宅配便のお知らせを装ったメールに関する問い合わせが増加しているとして、注意喚起を行った。

同社によれば、同社からの通知を装った「なりすましメール」に関する問い合わせが増加しているという。同社では、これまでも注意喚起を行ってきたが、今回あらたに「佐川急便、商品発送のお知らせ」「宅配便お届けのお知らせ」など、従来とは異なる件名のメールも確認されているとして、あらためて注意を呼びかけた。

なりすましメールに記載されているリンクにアクセスすると、無関係のサイトへ誘導されるおそれがある。同社では、以下のような件名のなりすましメールを確認しているとし、正規のメールか判断できない場合など、不明な点がある場合は、同社の営業所や問い合わせ窓口まで連絡するようアナウンスを行っている。

これまでに確認されているなりすましメールの件名

佐川急便、商品発送のお知らせ
宅配便お届けのお知らせ
佐.川飛脚.メー.ル便
佐川です。
佐川より不在通知「* * * *@ * * *」様
Webサービスご利用のご確認
【不在通知】
佐川便
佐川便 配達センター
佐々川急便【不在通知】
佐川メール配信センター
佐川ROYALメール便
サガワ急便

(Security NEXT - 2016/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
VPN経由で不正アクセス、職員情報が流出 - 海洋研究開発機構
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
MS、3月の月例セキュリティ更新を公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ