Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「イ左川急便」名乗るフィッシング - 不正サイトへ誘導か

佐川急便は、同社サービスに装った「偽メール」に注意するよう呼びかけた。ウェブサービスへのログインに見せかけて不正サイトへ誘導させる手口があらたに確認されている。

これまでも「不在通知」や「届先不明」を装ったり、現金を預かっているなどと騙す迷惑メールが確認されているが、あらたな事例として「Webサービスご利用のご確認」という件名のメールが出回っているという。

問題のメールは、同社ウェブサービスの利用者などを騙す内容で、6カ月以上ウェブサービスの利用がないため、引き続き利用したい場合はログインの必要があると説明。最終ログインから12カ月経過するとIDを削除するといった内容で不安を煽り、メールに記載したURLへアクセスするよう求める。

メールの本文を見ると、社名が「イ左川急便」となっていたり、文中に半角の句読点やアンダーバーが挿入されているなど、不自然な部分も見られたという。

(Security NEXT - 2015/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「特別定額給付金」便乗の「なりすましメール」に注意
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
「あなたのNTTドコモはロックされている」 - dアカウント狙うフィッシング
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加