Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NTTコミュニケーションズ」のなりすましメールに注意 - 添付ファイルはマルウェア

一連の攻撃は、総務省がISPやセキュリティベンダーと協力し、推進しているマルウェア対策活動「ACTIVE (Advanced Cyber Threats response InitiatiVE)」に便乗したものと見られる。

同事業では、ISPより感染端末利用者に向けて注意喚起のメールを送信。対策サイトのURLを紹介し、セキュリティ対策ソフトによる駆除を呼びかけるもので、前身となったサイバークリーンセンター(CCC)事業では駆除ツールも提供していた。

これまでになりすましの被害が確認された組織は、「NTTコミュニケーションズ」および「ICT-ISAC」だが、今後攻撃者が、これら以外の組織を名乗る可能性も十分に考えられる。

契約しているISPなど、なじみがある組織を名乗るメールであっても、添付されたファイルやメールへ記載されたリンクを安易に開かないよう、細心の注意を払う必要がある。

(Security NEXT - 2016/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導