Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」、7年ぶりに改訂 - 経営への影響なども解説

情報処理推進機構(IPA)は、中小企業を対象とした「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン 第2版」を公開した。

7年ぶりの改訂となった中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン 第2版
7年ぶりの改訂となった中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン 第2版

同資料は、中小企業において重要な情報の漏洩や滅失などを防ぐことを目的に、セキュリティ対策の考え方や実践方法を説明したガイドライン。同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

昨今の脅威動向を踏まえ、同機構が開催した有識者による検討ワーキンググループが改定案を策定。8月から9月に実施したパブリックコメントを経て、今回7年ぶりに改訂した。

インシデントなどが事業へ及ぼす影響も高まっているとして、あらたに経営者の視点を踏まえた内容を追加。経営者向けの「経営者編」と、システム管理者向けの「管理実践編」で構成されている。

(Security NEXT - 2016/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請
「情報システムモデル契約」に改訂版 - セキュ仕様の作成プロセスも整理
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
電気通信事業向け個人情報保護GL解説で改正案 - 意見を募集