Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メモリイメージから既知のマルウェアを検知できるツール - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、メモリイメージから既知のマルウェアを簡易的に検知できるフォレンジックツールを無償で公開している。

「impfuzzy for Volatility」は、メモリイメージから既知のマルウェアを検知するソフトウェアで、メモリフォレンジックツール「The Volatility Framework」のプラグインとして同センターが開発した。同センターにおいても、マルウェアの分析業務に利用しているという。

通常、実行ファイルはメモリ上にロードされると、OSやマルウェアによって一部情報が書き換えられるため、ファイルハッシュ値の比較によるマルウェアの検知を行うことができないが、同センターでは、「Import API」のファジーハッシュを利用することにより問題を解決した。

具体的には、マルウェアの実行ファイルがメモリにロードする際に変化しない「Import API」のファジーハッシュを「impfuzzy」により取得。同ハッシュ値を利用することで、Windows実行ファイルの類似性を比較できる。

パッカーが用いられたマルウェアに対しても、アンパック後にメモリ上へ展開された検体のハッシュ値を計算でき、類似度を判定することが可能。メモリ上の実行ファイルやライブラリファイルにくわえ、プロセスにインジェクトされたコードも検出できるとしている。

同ツールは「GitHub」で公開されている。また使用にあたり、Pythonモジュール「pyimpfuzzy」をあらかじめインストールしておく必要がある。

(Security NEXT - 2016/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
SSOサーバ「ForgeRock AM」にRCE脆弱性、すでに被害も - 「OpenAM」も注意を
テレワークから業務環境へのアクセス、半数近くが「VPN」
サイトで利用する製品レビューツールに不正アクセス - マウス
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知
法人向け案内メールで、メールアドレスが流出 - すららネット
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
管理が不十分なサーバやネットワーク機器を洗い出すサービス - マクニカネット