Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無償の脆弱性学習ツールが機能強化 - 脆弱性拡充や集団学習支援も

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサイトに関する脆弱性について学ぶことができる体験学習ツール「AppGoat」をバージョンアップした。

同ソフトウェアは、演習を通じてウェブサイトに関する脆弱性の発見方法や、対策方法などを学ぶことができる無償の学習ツール。

最新版となる「同3.0」では、学習できる脆弱性をこれまでの9種類から12種へ拡張。また悪用の可能性が高い脆弱性を優先的に学べるよう整理した。

さらに組織における集合学習を想定した新機能を追加。集団学習ではブラウザ経由で受講できる機能や、受講者の管理機能などを教育担当者向けの機能を用意している。

(Security NEXT - 2016/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
2022年3Qの脆弱性届け出、ソフトとサイトのいずれも増加
脆弱性DB「JVN iPedia」の3Q登録数、前四半期から倍増
重要インフラのランサム被害、4分の1は医療関連分野 - 米政府が注意喚起
IPA、教則本「情報セキュリティ読本」を4年ぶりに改訂
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須