Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、オーストリアにインフォセック子会社を設立 - 監視拠点を拡充

NECは、グループ企業であるインフォセックの子会社として、オーストリアにInfosec Austriaを設立し、監視拠点を拡充した。

NECでは、ネットワークやウェブサイトのセキュリティ監視サービスを提供しており、今回時差のある拠点をあらたに設置することで監視体制の強化を図る。今後は米国にも拠点を設立予定としており、日本、欧州、米国の3拠点体制とする計画。

また同社では、拠点の拡充により欧州でのセキュリティ監視サービスの提供や、同社セキュリティ関連製品の拡販を目指すほか、現地パートナー企業の開拓やマーケティング活動を推進していく。

(Security NEXT - 2016/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュアヴェイル、子会社LogStareを設立
WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
IoTセキュリティに特化した子会社「ゼロゼロワン」を設立 - ココン
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託