Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、オーストリアにインフォセック子会社を設立 - 監視拠点を拡充

NECは、グループ企業であるインフォセックの子会社として、オーストリアにInfosec Austriaを設立し、監視拠点を拡充した。

NECでは、ネットワークやウェブサイトのセキュリティ監視サービスを提供しており、今回時差のある拠点をあらたに設置することで監視体制の強化を図る。今後は米国にも拠点を設立予定としており、日本、欧州、米国の3拠点体制とする計画。

また同社では、拠点の拡充により欧州でのセキュリティ監視サービスの提供や、同社セキュリティ関連製品の拡販を目指すほか、現地パートナー企業の開拓やマーケティング活動を推進していく。

(Security NEXT - 2016/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
KCCS、セキュリティ事業をMOTEXに統合
GMO、イエラエを子会社化 - 半数の発行株式を約92億円で取得
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
ココン、子会社3社を吸収合併 - 新社名は「イエラエセキュリティ」に
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
セキュアヴェイル、子会社LogStareを設立
WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表