Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向けカートプラグイン「WP-OliveCart」に脆弱性

WordPress向けショッピングカートプラグイン「WP-OliveCart」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同プラグインにSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2016-4905」をはじめ、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2016-4903」や、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2016-4904」などの脆弱性が含まれていることが判明したという。

同脆弱性は、トレードワークスの佐藤元氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。同プラグインの開発者は、脆弱性を解消した「WP-OliveCart 3.1.3」および「同3.1.8」をリリースしている。

(Security NEXT - 2016/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
WP向けファイル管理プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃も
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
「WordPress 5.4.2」がリリース - 複数脆弱性を修正
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「Elementor Pro」に深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃で発覚
セキュリティアップデート「WordPress 5.4.1」がリリース