Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も

SECCONの地方予選は、各大会ごとにテーマが設定されているのが大きな特徴。横浜大会は、ゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」内で、ゲームにちなみ「SECCON 2016 × CEDEC CHALLENGE ゲームクラッキング&チートチャレンジ」として開催された。

昨今オンラインゲームの愛好者が増えているが、特に課金など行うゲームの場合、脆弱性対策をはじめとするセキュリティの確保は、ゲーム運営企業の死活に直結する重大な課題だ。

もし、脆弱性やチート行為が可能となる不具合が存在し、それらが悪用されてキャラクターの設定やスコアなど、あらかじめ開発者が想定したバランスを崩されてしまうと、ゲーム性が失われてしまうおそれがある。そうなれば、ユーザー離れによる収益の悪化や信頼の失墜など大きなダメージにつながりかねない。

とはいえ、ゲームを優位に進めたり、「RMT(リアルマネートレード)」を目的にチート行為を行うユーザーも後を絶たず、さらにカジュアルにチートが可能となるツールや情報も流通していることから、オンラインゲーム事業者は、日々不正との戦いを繰り広げている。

(Security NEXT - 2016/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
カプコンに不正アクセス - 一部社内システムを停止
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
遊んで学べる「サイバー迷宮脱出ゲーム」 - 警視庁が無償公開
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供