Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も

20161027_sc_001.jpg
実行委員長の竹迫良範氏(画面左)と出題した愛甲健二氏(同右)

こうしたゲームのチートやクラッキングといった問題をいかに解決するか。こうした課題をまさに競技としたのが、「SECCON 2016 × CEDEC CHALLENGE ゲームクラッキング&チートチャレンジ」というわけだ。

2015年も同様の競技を行ったが満員御礼となり、今回はひとまわり大きい会場が用意された。

具体的な競技内容を見ると、架空のゲーム会社である「SECCON株式会社」から依頼されたAndroid向けゲームのセキュリティ診断を行うことが参加者のミッションとなる。

参加者は大会事務局が用意したAndroid向けの「ゲーム」を解析。クラッキングやチートなどに利用されるおそれがある脆弱性、不具合などを見つけだした上で、さらにそれらをわかりやすく説明し、対応策などを提案する「プレゼンテーション」技術を競う。

今回の予選は、ちょっとしたハプニングに見舞われた。予選期間が学生の夏期試験の時期と重なったことにくわえ、前年と比較すると問題のレベルが高かったことから、応募が1件のみだったのだ。

(Security NEXT - 2016/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲーム企業向けセキュリティ人材の紹介サービス - C&R社
札幌市交通局公式Twitterに不正アクセス - 外部サイトURLなど投稿
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
カプコンに不正アクセス - 一部社内システムを停止
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応