Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、法人向けウェブメールに送信国やフリーメールの警告機能

インターネットイニシアティブは、法人向けクラウド型メールセキュリティサービス「IIJセキュアMXサービス」のウェブメールサービス「MailTAP」においてセキュリティ機能を拡充した。

「MailTAP」は、「IIJセキュアMXサービス」のオプションでメールボックス機能を提供する「メールボックスプラスオプション」に付属するウェブメールサービス。

今回あらたに「メール送信国表示機能」を追加。受信メールの送信元IPアドレスから国情報を取得し、受信メール一覧画面に国旗のアイコンを表示する。またフリーメールから送信されたメールに警告マークを表示することが可能となった。

(Security NEXT - 2016/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本語対応レッドチームサービスを開始 - クラウドストライク
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC