Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco IOS」に情報漏洩の脆弱性 - 「Shadow Brokers」のエクスプロイト調査中に判明

今回の脆弱性は、8月に「Shadow Brokers」を名乗る攻撃グループによって公表された同社セキュリティアプライアンス「Cisco PIX」に対するエクスプロイト「BENIGNCERTAIN」について、同社が調査を進めたところ、明らかになったという。

今回の脆弱性「CVE-2016-6415」は、「Cisco PIX」の「同6」および以前のバージョンに存在するが、「同7」以降については影響を受けない。また同製品のサポートについても2009年に終了している。

「BENIGNCERTAIN」を公表した「Shadow Brokers」は、別名「EXTRABACON」を持つ「Cisco Adaptive Security Appliance(ASA)」の脆弱性「CVE-2016-6366」をはじめ、他ネットワーク機器の脆弱性を公開。

これらをNSAと関連が深いとの指摘があるサイバー攻撃グループ「Equation Group」から取得したと主張し、注目を集めていた。

(Security NEXT - 2016/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート