Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルコンテンツ管理市場は10億1000万円 - 前年度比21.7%増を記録

2015年度のモバイルコンテンツ管理市場は10億1000万円となり、前年度比21.7%増の高い成長率を記録した。今後も拡大傾向が続くと予測されている。

ITRが、法人向けモバイル管理市場の全4分野を対象に、国内29ベンダーに対して調査を実施。売上実績および2020年度までの予測をとりまとめた。

20160907_it_001.jpg
モバイルコンテンツ管理市場の推移と今後の予測(グラフ:ITR)

2015年度の同市場は、前年度比21.7%の10億1000万円だった。

提供形態別に見ると、パッケージ製品市場が前年度比15.4%増となったのに対し、SaaSが前年度比27.3%と高い伸び率となった。

2016年度はパッケージとSaaSともに約20%の成長が見込まれるが、中長期的にはSaaSを中心に導入が進むと同社は分析している。

モバイルコンテンツ管理製品は、営業などにおけるプレゼンテーションツールとして利用が進んでいるほか、会議向け機能を搭載した製品もあり、利用業務が拡大傾向にある。2016年度も20.8%と引き続き高い成長率となる見込みで、今後も拡大傾向が続き、2020年までの年平均成長率を12.3%と予測している。

(Security NEXT - 2016/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ決済、約3割が「セキュリティ対策充実」を重視
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年上半期、捜査機関による開示要請は1822件 - LINE
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査