Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人の不正送金被害、件数と金額のいずれも半減

2016年第2四半期のオンラインバンキングにおける不正送金被害は、個人において件数ベース、被害額ベース、いずれも半減した。一方法人の被害件数は大きく増加している。

全国銀行協会が、会員190行におけるオンラインバンキングの不正送金被害の状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。預金者本人以外が不正に送金し、すぐに振込先から金銭が引き出され、被害者に返還できなかったケースについて集計している。

同四半期の不正送金被害は256件。被害額は2億4300万円だった。個人預金者に関しては、過去最悪となった前四半期の464件から233件へ半減。金額ベースでも4億6800万円から2億1300万円へと改善した。

一方法人を見ると、前四半期の6件から23件へと大幅に拡大。ただし被害額ベースでは、前四半期を100万円下回る3000万円だった。

補償状況を見ると、金融機関が対応方針が決定した149件のうち、146件が補償対象となっており、補償率は98%。前四半期から1ポイント減となっている。

(Security NEXT - 2016/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ