Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

諜報ソフトが悪用したiOS脆弱性「Trident」、Mac OS Xにも影響

Appleは、「Mac OS X」の脆弱性を修正する「Security Update 2016-001 El Capitan and Security Update 2016-005 Yosemite」をリリースした。

20160902_ap_001.jpg
セキュリティアップデートをリリースしたApple

同アップデートは、「OS X Yosemite 10.10.5」および「OS X El Capitan 10.11.6」の脆弱性を修正するプログラム。メモリの内容が漏洩する「CVE-2016-4655」や、コードが実行されるおそれがある「CVE-2016-4656」などをカーネルに関する脆弱性を修正する。

同社ではあわせて「Safari 9.1.3」についてもリリース。「WebKit」の脆弱性「CVE-2016-4657」を修正した。OS向けのセキュリティアップデートには、「Safari 9.1.3」も含まれる。

これらアップデートを見ると、「Safari 9.1.3」では、「OS X Yosemite 10.10.5」および「OS X El Capitan 10.11.6」にくわえて、「OS X Mavericks 10.9.5」が含まれるが、カーネルの脆弱性を修正するOS向けのセキュリティアップデートでは、「OS X Mavericks 10.9.5」を対象としていない。

これら3件の脆弱性は、トロント大学のCitizen Labと米Lookoutが、「iOS」の脆弱性として報告していたもので、「Trident」とも呼ばれている。

イスラエルに基盤を置き、2010年に米国の企業に買収されたNSOグループが提供する諜報製品「Pegasus」が、iOSにおいて脆弱性を悪用し、人権活動家に対する標的型攻撃を行っていたことがわかっている。

(Security NEXT - 2016/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も