Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco ASAのSNMP処理にゼロデイ脆弱性「EXTRABACON」

また同脆弱性の検証を行ったラックでは、同製品が脆弱性によりクラッシュしたり、リモートログイン認証の無効化を行えることを実際に確認したという。

同社ではSNMPが「UDPプロトコル」を用いており、送信元のIPアドレスを容易に偽装できる点を挙げ、IPアドレスによる制限だけでなく、SNMPパケットそのものが、脆弱性が存在する製品へ到達しないよう対策を講じる必要性について言及している。

今回の脆弱性は、「Shadow Brokers」を名乗る攻撃グループにより公表されたもので、同グループがNSAと関連が深いとの指摘があるサイバー攻撃グループ「Equation Group」をクラッキングし、取得したと主張。同グループでは、「CVE-2016-6366」を別名「EXTRABACON」と名付けられていた。

さらに「ASAソフトウェア」には、別名「EPICBANANA」と呼ばれる「CVE-2016-6367」も判明している。攻撃には認証が必要でローカルより攻撃の必要があるほか、影響を受けるのは2012年にリリースされた「同8.4(3)」より前のバージョンとしている。

「Equation Group」に関しては、また難度が非常に高く、開発予算が非常に高いと見られるツールを利用し、世界30カ国の組織を攻撃を攻撃したとの報告があるほか、以前から「Stuxnet」や「Flame」の関連グループとも関係し、これらグループよりも早い段階でゼロデイ脆弱性を利用していたことがこれまでもカスペルスキーによって指摘されている。

(Security NEXT - 2016/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新