Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AndroidのTLS通信にHTTPヘッダ取得される脆弱性

一部バージョンのAndroidにおけるTLS通信で、中間者攻撃により平文のHTTPヘッダを取得される脆弱性が含まれているとして、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

影響を受けるのは、「Android OS 4.1.2」および以前のバージョン。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、Androidにおいて「TLSプロトコル」の実装に脆弱性「CVE-2012-4929」が存在し、マンインザミドルにより平文のHTTPヘッダを取得される「CRIME攻撃」を受けるおそれがあるという。

NTTドコモ、au、ソフトバンクのいずれも脆弱性が存在する製品があるため、セキュリティ機関では、開発者や販売元の情報を参照し、アップデートを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」