Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年2Qの「ランサムウェア」相談件数、依然高水準

2016年第2四半期に寄せられた「ランサムウェア」関連の相談件数は、前期から減少したものの、前四半期に引き続き100件を超える状況が続いている。

情報処理推進機構(IPA)が、2016年第2四半期の不正アクセス届出状況や相談状況をまとめたもの。同四半期に同機構へ届出があった不正アクセスは22件。前期の23件からほぼ横ばいで、実際に14件で被害が発生したという。

20160726_ip_001.jpg
不正アクセスの届け出推移(グラフ:IPA)

不正アクセスによる被害の内訳を見ると、「なりすまし」が10件で最多。「アクセス形跡(未遂)」が8件、「不正プログラムの埋込」と「その他」が各2件と続く。「DoS」に関する届け出はなかった。

原因は「ID、パスワード管理不備」が9件、「設定不備」が2件、「古いバージョン使用、パッチ未導入」が1件。また2件については、原因がわかっていない。

(Security NEXT - 2016/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%