Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年2Qの「ランサムウェア」相談件数、依然高水準

2016年第2四半期に寄せられた「ランサムウェア」関連の相談件数は、前期から減少したものの、前四半期に引き続き100件を超える状況が続いている。

情報処理推進機構(IPA)が、2016年第2四半期の不正アクセス届出状況や相談状況をまとめたもの。同四半期に同機構へ届出があった不正アクセスは22件。前期の23件からほぼ横ばいで、実際に14件で被害が発生したという。

20160726_ip_001.jpg
不正アクセスの届け出推移(グラフ:IPA)

不正アクセスによる被害の内訳を見ると、「なりすまし」が10件で最多。「アクセス形跡(未遂)」が8件、「不正プログラムの埋込」と「その他」が各2件と続く。「DoS」に関する届け出はなかった。

原因は「ID、パスワード管理不備」が9件、「設定不備」が2件、「古いバージョン使用、パッチ未導入」が1件。また2件については、原因がわかっていない。

(Security NEXT - 2016/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て