Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向け「WAONサービスアプリ」に盗聴のおそれ

イオンが、Android向けに提供している「WAONサービスアプリ」に、中間者攻撃を受けるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。修正版がリリースされている。

20160715_gp_002.jpg
Google Playで提供されている「WAONサービスアプリ」

「同1.4.1」および以前のバージョンに、SSLサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性「CVE-2016-4832」が含まれていることが判明したもの。

マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)を受けた場合、通信内容を盗聴されるおそれがある。

同脆弱性は、リスクファインダーの谷口岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整。同社では、脆弱性を解消した「同1.4.2」をGoogle Playでリリースしている。

(Security NEXT - 2016/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性