Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向け「WAONサービスアプリ」に盗聴のおそれ

イオンが、Android向けに提供している「WAONサービスアプリ」に、中間者攻撃を受けるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。修正版がリリースされている。

20160715_gp_002.jpg
Google Playで提供されている「WAONサービスアプリ」

「同1.4.1」および以前のバージョンに、SSLサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性「CVE-2016-4832」が含まれていることが判明したもの。

マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)を受けた場合、通信内容を盗聴されるおそれがある。

同脆弱性は、リスクファインダーの谷口岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整。同社では、脆弱性を解消した「同1.4.2」をGoogle Playでリリースしている。

(Security NEXT - 2016/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ