Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSAJ、製品サービスの仕様策定や出荷テストで利用できるチェックリスト

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、ソフトウェアやサービスのセキュリティ品質を確保するための要件を取りまとめ、「ソフトウェア出荷判定セキュリティ基準チェックリスト」として公開した。

同チェックリストは、同協会の会員企業におけるセキュリティや品質保証の担当者が取りまとめたもの。ソフトウェアやサービスの企画から要件定義、設計、運用、支援などの開発ライフサイクルにおいて、セキュリティを確保するために配慮する必要がある管理対象項目と管理手法を定義。48項目のチェックリストにまとめた。

開発現場において仕様策定や、出荷テスト時の評価項目として、社内のエンジニアはもちろん、企画担当者や品質管理担当者などがセキュリティの品質管理に利用できる。

チェックリストは、クリエイティブコモンズライセンス基づいて公開されており、リストの改変や商用利用にも対応。同協会のウェブサイトよりダウンロードできる。

(Security NEXT - 2016/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットアンケートで回答一覧が閲覧可能に、設定ミスで - 大阪府立高
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
「Apache Hive」にユーザー定義関数を上書きされる脆弱性
WP向け人気フォームプラグインの関連プラグインにCSRFの脆弱性