Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSAJ、製品サービスの仕様策定や出荷テストで利用できるチェックリスト

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、ソフトウェアやサービスのセキュリティ品質を確保するための要件を取りまとめ、「ソフトウェア出荷判定セキュリティ基準チェックリスト」として公開した。

同チェックリストは、同協会の会員企業におけるセキュリティや品質保証の担当者が取りまとめたもの。ソフトウェアやサービスの企画から要件定義、設計、運用、支援などの開発ライフサイクルにおいて、セキュリティを確保するために配慮する必要がある管理対象項目と管理手法を定義。48項目のチェックリストにまとめた。

開発現場において仕様策定や、出荷テスト時の評価項目として、社内のエンジニアはもちろん、企画担当者や品質管理担当者などがセキュリティの品質管理に利用できる。

チェックリストは、クリエイティブコモンズライセンス基づいて公開されており、リストの改変や商用利用にも対応。同協会のウェブサイトよりダウンロードできる。

(Security NEXT - 2016/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
札幌市交通局公式Twitterに不正アクセス - 外部サイトURLなど投稿
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
マイナンバーカードの住所更新でミス、廃止状態に - 大阪市
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」