Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSAJ、製品サービスの仕様策定や出荷テストで利用できるチェックリスト

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、ソフトウェアやサービスのセキュリティ品質を確保するための要件を取りまとめ、「ソフトウェア出荷判定セキュリティ基準チェックリスト」として公開した。

同チェックリストは、同協会の会員企業におけるセキュリティや品質保証の担当者が取りまとめたもの。ソフトウェアやサービスの企画から要件定義、設計、運用、支援などの開発ライフサイクルにおいて、セキュリティを確保するために配慮する必要がある管理対象項目と管理手法を定義。48項目のチェックリストにまとめた。

開発現場において仕様策定や、出荷テスト時の評価項目として、社内のエンジニアはもちろん、企画担当者や品質管理担当者などがセキュリティの品質管理に利用できる。

チェックリストは、クリエイティブコモンズライセンス基づいて公開されており、リストの改変や商用利用にも対応。同協会のウェブサイトよりダウンロードできる。

(Security NEXT - 2016/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド