Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、「日韓情報セキュリティシンポジウム」を都内で開催

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、韓国情報保護産業協会(KISIA)と共同で、「第6回日韓情報セキュリティシンポジウム」を7月28日に都内で開催する。

同イベントは、日韓両国に共通の課題を議論し、共通の理解を得る目的で開催するシンポジウム。両国の専門家による講演のほか、パネルディスカッションを予定。企業や関係者など民間レベルでの交流なども図り、セキュリティの向上を目指す。

定員は120名で、参加費は無料。シンポジウム後には懇親会を予定している。イベントの詳細、申し込みはJNSAのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2016/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
名古屋大と車載イーサネット分野の共同研究を開始 - セキュアイノベーション
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
2021年度の「JNSA賞」が決定 - 報道記者に特別賞も
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
イベント参加者への案内メールで誤送信 - 産総研
東京オリパラ踏まえた脅威対策でオンラインシンポジウム - JC3ら
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論