Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年元日に「うるう秒」を挿入 - 1秒長い日に

2017年1月1日に「うるう秒」の調整が行われる。同日に1秒を挿入する予定だ。

うるう秒の挿入は、国際機関の「国際地球回転・基準系事業(IERS)」による決定を受けたもので、世界で一斉に実施される。2015年7月以来、1年6カ月ぶりの実施となる。

日本標準時に関しては、情報通信研究機構(NICT)が、同日8時59分59秒と9時00分00秒の間に「8時59分60秒」を挿入。NTPや標準電波、放送局にて「うるう秒」挿入後の正しい日本標準時を通知するとしている。また同機構では、11月ごろを目処に説明会を開催する予定。

(Security NEXT - 2016/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6月のDDoS攻撃は1割減、最大規模も大きく縮小 - IIJレポート
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
4月のDDoS攻撃は件数、最大規模ともに減少 - IIJレポート
対ウクライナDDoS攻撃の余波を観測 - JPCERT/CC
2月のDDoS攻撃件数は17%減、攻撃規模も縮小 - IIJまとめ
12月のDDoS攻撃、件数微減となるも最大規模は拡大 - IIJ調査
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
5月のDDoS攻撃は減少、最大規模の攻撃は1.9Gbps - IIJレポート
4月のDDoS攻撃、件数減少するも大規模な攻撃を観測 - IIJ調査
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT