Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染PCが外部と不正通信、情報流出は調査中 - 柏市

千葉県柏市は、複数の事務用端末がマルウェアに感染し、外部と不正な通信を行っていたことを明らかにした。情報流出の状況について調査を進めている。

不正通信が確認されたのは、環境サービス課および宅地課で使用している業務用のパソコン3台。メールの添付ファイルを開封したことでマルウェアに感染したもので、6月30日22時ごろに判明した。

6月29日8時過ぎから30日17時半ごろにかけて437回にわたり不正通信が行われ、外部へ送信されたデータ量はあわせて420Kバイトだった。これら端末には、142人や17法人に関する個人情報や機密情報が含まれていたが、マイナンバーや戸籍などを扱うネットワークには接続されていないとしている。

同市では、情報流出の発生など詳細について調査を進めているが、不正通信の期間やデータ量からパソコン内のファイルが流出した可能性は低いと説明。関係者に対しては書面で事情を説明、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2016/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
「Confluence」の特定アプリに深刻な脆弱性 - 削除済みでも要対応
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA