Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Commons FileUpload」に脆弱性 - 「Tomcat」「Struts 2」など広く影響

Apache Software Foundationが開発するソフトウェア「Apache Commons FileUpload」にサービス拒否の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同ソフトウェアのマルチパートリクエスト処理に脆弱性「CVE-2016-3092」が存在。サービス拒否を引き起こすおそれがあるという。

同ソフトは、「Apache Tomcat」「Apache Struts 2」なども使用しており、これらソフトウェアも影響を受ける。またこれら以外にも、「Jenkins」「JXP」「Struts 1」などの製品が影響を受ける可能性があるとしており、注意が必要。

Apache Software Foundationでは、「Apache Commons Fileupload 1.3.2」にくわえ、「Apache Tomcat 9.0.0M8」「同8.5.3」「同8.0.36」「同7.0.70」をリリース。「Apache Struts 2」に関しては、「Apache Commons Fileupload」を最新版へ置き換える必要がある。また「HTTPリクエストヘッダ」の大きさを制限することが回避策として紹介されている。

今回の脆弱性は、NTTデータが情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。「Apache Tomcat」「Apache Struts 2」以外で、今回の脆弱性の影響を受ける可能性があるソフトウェアは、以下のとおり。

Jenkins
JSPWiki
JXP
Lucene-Solr
onemind-commons
Spring
Stapler
Struts 1
WSDL2c

(Security NEXT - 2016/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加